夫婦間のお金の管理

夫婦間でのお金の管理の仕方、生活費の分担の仕方は様々で、カップルの個性が出る部分であります。私の友人や相談者の方の代表的なケースをまとめてみました。

共働の場合

-基本的にはツーポケットで生活費はそれぞれ同額づつか収入額に応じて出し合い、残りはお互いが自由に使う

-夫は家賃、妻は光熱費や食費などを主に払うが、その他の取り決めは特になく、お互いが自由に使う

-妻が夫の収入および自分の収入の両方を管理。夫には小遣いを渡し、妻もある程度決まった額を使うか、自由に使う。

-2人の給料を共通の口座に振込み合算し、そこから経費やレジャーなどの全ての出費を出す。残った分を貯蓄

-夫の収入から全経費を出し、妻の収入は貯蓄や旅行などの特別な時の出費にあてる

妻が専業主婦の場合

-妻が夫の収入を全額管理し、夫には小遣いを渡す

-妻が毎月夫から生活に必要な額をもらいその範囲内でやりくりする。月ごとではなく、日ごと、週ごとの場合もある

-妻がその月(または、週、日)に使った金額を夫に事後請求する

……などがあります。

 

共働きであろうがそうでなかろうが、妻が夫の収入を全額管理するというスタイルは少なくなってきていると思います。相手が実際いくらの収入があるのかを知らずにうまく行っているカップルもいますし、相手がやりくりを任せてくれないのが発端で、夫婦間の信頼関係がゆらぎ問題が生じる場合もあります。国際結婚の場合、相手に全額を任せるというのはまずあまりないことなので、それを期待していると後でがっかりするでしょう。必要な都度お金を渡すというのも多いです。

また、夫婦問題研究家の岡野あつこさんも言ってたことですが、妻がお金のことで夫を子供扱いすると浪費などを引き起こしやすくなります。 例えば、妻がお金を管理している家庭で、夫がお金を融通してと頼んでも、使い道や使い方をしつこく追求したり、気持ちよく渡さなかったりを繰り返すとそれが ストレスや開き直りとなって金銭トラブルを誘発する場合がよくあります。

お金のことは言いにくいことももちろんありますが、結婚後なるべく早いうちにはっきりと話し合っておくのが良いと思います。言いにくいからといって、生活費の不足分のために自分の貯金を切り崩したり、不平等感を感じながら割り勘をしていると、知らず知らずのうちに相手に対する不信感が募ってしまうこともあります。「なんとなく」「それとなく」ではなくはっきり決めごととしておくと、後々お金の問題が出てきた時も話し合いがしやすくなるかと思います
 
カウンセリングについてはこちら

Respond to this post