別居の際の注意点

「別居」は夫婦関係を修復したい時に相手に反省を促したり、離婚したい時冷静になって事を進めるための有効な手段でもあります。しかし、トラブルがあった時に感情的になってすぐに家を出てしまうのは得策ではありません。2、3日のプチ家出ならいいですが、本格的な別居をする前は注意点があります。

別居を始める前にするべきこと

-別居の目的を自分の中ではっきりさせる。相手を反省させ関係を修復するための別居なのか、離婚に向けての別居なのか

-別居の目的が相手に伝わるようにする。家を出るときにメ手紙を残す、メールをおくる、無言で怒りを示すなど。

-別居後の生活費の計画を立てておく

-修復が目的の場合、相手が別れたいと思っているときには家を出ない。夫婦は同居義務がありますから、相手に有利に事が勧められてしまう可能性があります。

-離婚が目的の場合、親権が取りたいなら子供を置いて家を出ない

別居が長引いてしまったりすると離婚に向かう場合が多いので、修復したい場合は1、2ヶ月がめどとなります。どういう目的にしろ、無駄な別居にならないよう自分の気持ちの整理をし、効果を予測してから臨むと良いですね。

 

Respond to this post