見返り

何か行動を起こすとき、人は意識的または無意識的に必ず兄かの見返りを期待しています。

侮辱や暴力をうけても別れず相手に尽くし続けるカップルがいますが、それはたまに受ける報酬に縛られている場合が多いようです。その報酬とは、「俺が本当に愛しているのはお前だけだ」「お前しかわかってくれるヤツはいないだ」という言葉であったり、プレゼントやお金であったり、尽くしていること自体から得られる満足感だったりします。

たまの見返りに普段のストレスがふっとんでしまい、それに縛られてしまうのです。しかし、関係を終わらたいのに次のステップに進む勇気や自信がなく、悶々と悩みながらも現状に甘んじている場合もあります。しかし、そんな相手に尽くす努力ができるなら、あたらしいスタートを切り出すための努力もできるはずなんです。ちなみに暴力を受けても相手に尽くし続ける女性には、長女の世話焼きタイプが圧倒的に多いようです。

相手にとって、都合の良いパートナーにならないためにも、時折自分の与えているものがその見返りに見合っているのか検証してみるのもいいかと思います。別の人に同じようなことをしてあげたらもっとよい見返りが返ってくるかもしれません。客観的に見てくれる人や、正直に話してくれる友人に聞いてみるのも大切です。

Respond to this post