情熱のある仕事

少し前にミレイユ・ジュリアーノの「フランス女性の働き方」を読みました。何年か前にブレイクした「フランス女性は太らない」を書いた著者です。

この本の中で、なるほどと思った引用があります。

イヴサンローランの言葉で、

「女性のもっとも美しい化粧は情熱だ。 でも化粧品の方が簡単に手に入る。」

私の周りでも、夢中になって好きな仕事や趣味に取り込んでいる人は肌つやが違います。そして、そういう人はいくつになってもモテているし、パートナーとの関係もうまくいってるんです。

本の内容は、ビジネスで成功するための方法の伝授だけでなく、「仕事はどうせ人生の一部でしかない」とし、ライフスタイル、ファッション、食やワインの楽しみ方や人生について語っています。著者が成功したのは、運良く時代の流れにうまく乗れたというのもあるのでしょうが、高い地位まで上り詰めたビジネスウーマンが頑張った理由として、人のお金で一流レストランで食事をしたり素敵なホテルにとまりたかったから、と正直に語っているところがかわいらしく、これがフランス女性流という感じなのでしょうか。でも確かにそういうのがないと情熱も長続きしないのが現実かもしれませんよね。

ちなみに著者の旦那さんは彼女より収入が低かったようで、彼のプライドを損なわないようにする工夫も書かれていて面白いです。

20代の女性にお勧めの本ですが、30代、40代でも「改めて納得」と思えるところがあると思います。

Respond to this post