住む場所が変われば…

最近の相談であったのですが、日本人同士アメリカで結婚し、帰国後に価値観の違いが顕著に現れてきたというケース。相手が変わってしまって、まるで「騙された!」といった気持ちとのこと。

海外にしばらく住んだ後に帰国したカップルによくあるのは、夫の考え方が保守的になってしまったり、妻が夫により経済力を求めるようになったり、お金の使い方や親戚のおつきあいに関してもめたりといったところです。

住む国が変わるのは大きなことです。特に日本は社会が個人に期待することが多く、人と人との関係も異なります。出合ったころと違う相手を責めたくなるのは当然で、裏切られた感もとてもよくわかりますが、相手を責める前にまず自分自身はどうかなのかな、と振り返ってみるのが良いかもしれません。自ずと相手を受け入れる、少なくとも理解することができるかもしれません。

考え方は生む場所や人生の段階を経て変わっていくもので、その度に「離婚だ!」と言っていてはエネルギーを無駄に消耗してしまいます。

Respond to this post