Archive for the ‘カウンセリング’ Category

突然怒りだす妻

男性からの相談で、「妻が突然怒りだしてどうして良いか分からなくなる」というのがよくあります。どうして奥さんがそういう性格になってしまったのか分析されている方が多いのですが、この場合多くは突然怒りだしているのではなく、奥さんが長い間発していたメッセージになかなか気づかなく、爆発した結果であることが多いのです。 男性は遠回しな言い方や、行間を読む、空気を読むということが苦手な方が多いようです。女性は伝えたいことがある場合、「こういったらわかってくれるはず」という希望的観測はやめてはっきりとダイレクトに伝えた方が確実に伝わります。もちろん言いにくいこともありますが。  

Continue reading »

住む場所が変われば…

最近の相談であったのですが、日本人同士アメリカで結婚し、帰国後に価値観の違いが顕著に現れてきたというケース。相手が変わってしまって、まるで「騙された!」といった気持ちとのこと。 海外にしばらく住んだ後に帰国したカップルによくあるのは、夫の考え方が保守的になってしまったり、妻が夫により経済力を求めるようになったり、お金の使い方や親戚のおつきあいに関してもめたりといったところです。 住む国が変わるのは大きなことです。特に日本は社会が個人に期待することが多く、人と人との関係も異なります。出合ったころと違う相手を責めたくなるのは当然で、裏切られた感もとてもよくわかりますが、相手を責める前にまず自分自身はどうかなのかな、と振り返ってみるのが良いかもしれません。自ずと相手を受け入れる、少なくとも理解することができるかもしれません。 考え方は生む場所や人生の段階を経て変わっていくもので、その度に「離婚だ!」と言っていてはエネルギーを無駄に消耗してしまいます。

Continue reading »

カウンセリング勉強会を終えて

昨日カウンセラー仲間と集まり勉強会を実施しました。どうもありがとうございました。 それぞれのカウンセラーが課題を持ち寄り話し合い、とても有意義な時間を過ごすことができたと思います。 改め実感させられたのは、どのご家庭も特有の問題があり、一つてとして同じようなケースはないということ。日々違った角度からの分析や新しい考え方について勉強していかなけえばならないということです。 また年始に企画したいと思います。

Continue reading »

見返り

何か行動を起こすとき、人は意識的または無意識的に必ず兄かの見返りを期待しています。 侮辱や暴力をうけても別れず相手に尽くし続けるカップルがいますが、それはたまに受ける報酬に縛られている場合が多いようです。その報酬とは、「俺が本当に愛しているのはお前だけだ」「お前しかわかってくれるヤツはいないだ」という言葉であったり、プレゼントやお金であったり、尽くしていること自体から得られる満足感だったりします。 たまの見返りに普段のストレスがふっとんでしまい、それに縛られてしまうのです。しかし、関係を終わらたいのに次のステップに進む勇気や自信がなく、悶々と悩みながらも現状に甘んじている場合もあります。しかし、そんな相手に尽くす努力ができるなら、あたらしいスタートを切り出すための努力もできるはずなんです。ちなみに暴力を受けても相手に尽くし続ける女性には、長女の世話焼きタイプが圧倒的に多いようです。 相手にとって、都合の良いパートナーにならないためにも、時折自分の与えているものがその見返りに見合っているのか検証してみるのもいいかと思います。別の人に同じようなことをしてあげたらもっとよい見返りが返ってくるかもしれません。客観的に見てくれる人や、正直に話してくれる友人に聞いてみるのも大切です。

Continue reading »

悩みは肌に悪し

アメリカでカウンセリングが悩みを解決するための手段の一つとして一般的なのは良くしられていることですが、韓国でも最近カウンセリングは人気のようです。理由は、悩みを抱えているとストレスになり肌に悪いから。ちょっとしたことで皮膚科で診てもらうことも一般的のよう。韓国女性の美肌に対する執着は、美意識の高い日本人女性を遥かに超えていそうです。 日本ではカウンセリングよりも、占いや友達・家族に相談することの方がまだまだ一般的です。自分に合った方法で悩みやストレスを上手に解消して美しくなりたいですね。

Continue reading »